日常生活での会話

血液が半分になってしまった夫の話

夫が倒れた。

血液が半分になってしまった夫の話

あれは、去年の暮のことです。

夫が電子レンジでさめたコーヒーを20秒温めていたとき・・・・

がくっと、倒れこんだのです。

176cm、体重80kg。

あの大男が崩れるように、キッチンで横になり、バクバクしている心臓を手でおさえています。

意識はあります。

「じっとしてれば 大丈夫」と言いました。

約5分後、落ち着いてきました。

ゆっくりと定位置のソファーに行って、改めて横になりました。

「どう考えてもおかしい!病院に行こうっ!」

私「うん」

夫はゆっくりと歩いて、車に乗り自分で運転して近くの病院に行きました。

診察室に呼ばれ、

夫「2,3か月まえから階段を上がったりすると、心臓がバクバク言い出したんです。

さっきは、倒れました。

最近は、お風呂に入ってもバクバクいいます。体重は1か月で10kg減りました。」

ドクター「えっ!1か月で10kgもっ?すぐに血液検査をしましょう。そのあと、CTです。」

血液検査を終えて、待合室で、待っていた私の隣に座った夫。

「血液検査の、試験管みたいな入れ物あるじゃん?あれに、入院って書いてあった。」

私「えっ!すでに入院?かなり重いのかな?」

夫「だろうな」

その読みは的中し、即入院です。

ドクター「松本さんの血液は、通常の同年代の男性の約半分もない状態です。すぐに輸血をしますので承諾書にサインをお願いします。」

血液が半分になってしまった夫の話

マーカーのところは、ヘモグロビンです。

成人男性の場合14~18が正常です。

右端の6.6が入院時の数値です。

輸血のリスクについての説明を受けたりしましたが、リスクを考える余裕などありません。

 

そして、血液が到着するまでのあいだに、点滴が始まりました。

その間に、私は、入院に必要なものをナースから教えてもらって、自宅まで取りに行きました。

スリッパや歯磨きセット、コップやお箸、スプーン、タオル、ケイタイの充電器などを抱えて病室に戻ると、輸血が始まってました。

ドクターに呼ばれました。

CTを見ながら説明をしてくださいます。

ドクターが院長先生に交代してます。

院長先生「胃カメラを撮りたいのですが、胃の内容物が消化されてませんので、今日から絶食です。

水分も取らないでください、最悪、胃がんの可能性もあります。」

血液が半分になってしまった夫の話

説明:LDHの数値は、桁がちがってます。

通常は120~245です。

しかし、これは腫瘍マーカーではありません。

私「へっ?胃がんですか?どのくらいのステージですか?」

ドクター「たらればの話ですが これで胃がんならば Ⅳです。末期です。」

ドクターは、普通の顔で私に伝えた。

ドクターにとっては日常茶飯事なのでしょうか?

私は、茫然自失!!

がんばって病室にもどると夫が「どうだった?」と心細げに聞いてきました。

私「だいじょうぶだって、輸血したら治るって、でも、胃カメラで胃を見てみたいから 今日から絶食だって。」

夫「どっちにしても食欲ねーんだ。面会時間が過ぎてっから、もう帰ったほうがいいよ。 明日また来てね。」

そういわれて、帰り道、私は、泣きながら帰りました。

歩いて10分ほどの距離ですが、号泣です。

そして、なんやかんやあって、結局は、胃がんでも、大腸がんでもなく、血液の溶血という診断が下りました。

大きな病院にむりやり転院させていただいて、やっと、わかった病名です。

最初の病院では、胃がん、大腸がん、挙句の果ては、白血病の疑いがあるとまで言われました。

すべて、外れています。

院長先生いわく「たらればと言いましたでしょう?」

しかし、患者の家族は、たらればであっても、怖い病名を言われると、ドキドキするのです。

はっきりしてから、告げてほしいものです。

夫には一切、言わないようにお願いしました。

 

「ああみえて、夫は、気が小さいところがあるので、そんなことを聞いたら、闘病生活もいやになってしまうかもしれないので、絶対に、病名は言わないでください。」

とお願いしました。

今の医療現場は、患者側がしっかりとこの意思表示をしないと、患者本人に病名を告知してしまうのです。

途中、結石が発見されて胆のうの全摘もしました。

そして現在は、1か月に1度の血液検査と、ビタミンの注射と投薬により、普通の生活ができている状態です。

結局のところ、どこから、血液が流れ出て、通常の半分になったのかは不明です。

ヘモグロビンは5年分くらいは体内に貯蔵されているそうです。

それが、夫の場合は、すっからかんになってました。

5年かけて溶血していたのです。

すぐに症状がでない血液の減少・・・・

少しの運動で、心臓がバクバクいいだしたら、ぜひ、受診をおすすめします。

夫は現在、薬と注射により、体調は改善されているので、食事についてはなにも注意事項はないのですが、できるだけ野菜を摂るようにしてほしいと思ってます。

しかし夫、大の野菜嫌い! 

のど元過ぎれば熱さを忘れるで、あの頃の苦しさをすっかり忘れて、野菜を摂ろうとしません。

再発防止のためにも、もっと野菜を食べてほしいと思っています。

できれば禁煙もおねがいしたい。

>>胆のうの全摘手術に挑む | ある夫婦の物語

>>胆のう摘出で入院中の話 | せめて笑ってやってください

RELATED POST