おすすめ商品

子供がワキガかも?原因・予防・対策を教えて

うちの子、もしかしてワキガ?

親子であっても、ナイーブな部分なので、なかなか話し合うこと、できませんよね。

ワキガの原因は、遺伝・食べ物・思春期による性ホルモンの作用・女性なら出産や、月経・過度な飲酒・喫煙・ストレス等が考えられます。

もしも、あなたのお子さんが、思春期の場合は、性ホルモンの作用によりワキガが発症したのかもしれません。

性ホルモンには、アポクリン汗腺の働きを活発にする作用があります。

アポクリン汗腺とは、下記の図を参照してください。

下記の図のように、汗は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類から発生します。

思春期になると、性ホルモンが分泌され、アポクリン汗腺の働きを活発にさせてしまいます。

そのため、思春期の頃から、ワキガになる人が多く居ます。

ただ、日本人は、全体の10%の方が、ワキガが発症するとされています。

男性なら、18歳ごろから、女性なら、16歳ごろから発症されると言われています。

ワキガをセルフチェック

下の画像を見てください。

👇の353という数字は、ワキガの数値になります。

納豆で、100くらいです。

でも、この機械は、一般の家庭には、ありませんよね。

機械がなくても、ワキガかどうか調べる方法。

1.耳垢が湿っていて、外耳道に毛が生えている。

2.下着やTシャツのワキの部分が黄色くなる。

3.ワキガの汗は、たんぱく質や脂質、糖質、鉄分、アンモニアなどといったさまざまな物質を含み、これが腋に触れる衣類に黄ばみを残します。

4.肉をはじめとした高カロリー&高脂肪な食品を必要以上に摂取する。

5.身内にワキガの人がいたり、体毛が濃い人がいる。

6.ワキガ予防のためお子さんに出来ること

7.肉・牛乳・バターなど高カロリー高脂肪な食品を控える。

8.たんぱく質は、豆類から、そして、魚中心の食生活に変える。

9.ストレスを貯めないように気づかってあげる。

10.運動を進める。そして、入浴等、清潔に保つように促す。

お母さんが子供に出来るワキガの対策

●もしも、出来ることなら、ワキ毛の処理を勧めてください。

●ワキ毛があると、そこに菌が繁殖するので、できればワキ毛を処理することをお勧めします。

●こまめにワキを清潔なタオルで拭く。

●制汗剤や、制汗クリームを購入して、塗るように促す。

ワキガは、何歳から?[ラポマイン]根本的な対処法は

ワキガケア間違ってますよ!今すぐ[ラポマイン]で改善しましょう

ワキガ制汗クリームラポマイン体験談

RELATED POST