おすすめ商品

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティングとは、断食のことです。

最近、プチ断食と言って芸能人をはじめたくさんの人が実行していますよね?

実は、私も2年前に15日断食をして、3日野菜スープやお味噌汁で過ごし、また、15日断食をしました。

その時は、1か月で10kg痩せました。

やり方は、酵素ドリンクで3食を置き換えました。

ファスティングで成功する人

私がなぜ、ファスティングに成功したのかと言うと、専門家(薬剤師)に教えてもらいながら実施したからです。

ファスティングは、自己流でやると体や心を壊してしまいます。

ファスティングで失敗した人の例

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティングで痩せられなかったり、途中で挫折してしまった人は、どのようなやり方をしたのでしょうか?

1.準備期間を作らなかった

ファスティングを2日実施しようと思うのなら、2日間の準備期間が必要です。

やり方は、カンタン。

腹7分目を守ること。

NG食品を摂らないこと。

準備期間NG食品

砂糖

砂糖は、血糖値を急激に上げてしまうので、ダイエット的には、NG食品です。

出来るだけ摂りたい食材

め・ま・かめ・菜・かな・いたけ・

豆は、豆腐類、わかめは海藻類、魚は良質の油を含んだ魚を選ぶこと。そして、しいたけはキノコ類、いもはイモ類です。

2.ファスティング前夜に、最後だからと言って、ドカ食いをしてしまった

準備期間中は、腹7分目を守りましょう。

3.ファスティング前夜、寝る前3時間の間に、スイーツや加糖の飲み物を飲んでしまった。

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティング前夜、寝る前3時間は、絶食です。

4.ファスティング中に、食べ物のことばかりを考えてしまった

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティング中は、お腹が空いてどうしても食べ物のことばかり考えてしまいます。

できるだけ、他のこと(趣味や仕事)に没頭できるような環境を作ってください。

あまりにも、お腹が空きすぎて、食べ物のことばかり考えてしまうようなら、塩をすこし舐めるといいらしいです。

梅干しも効果的です。

でも、無理は禁物なので、中止してもOK♪

止めたらいけないと自分を追い込み、無理にやり続けると拒食症になってしまう危険性があります。

ファスティングは、実施期間が長くやるからいいのではなくて、1回目は、1日しかできなくても、また2回目、3回目と継続し続ける方が効果的だと薬剤師さんは言っていました。

5.ファスティングの期間を決めないで、長期間実施した

ファスティングは、最初の3.4日を過ぎれば体の調子がとてもよくなります。

それで、最初に決めた期間よりもっと伸ばしてしまう人がいます。

ファスティングを闇雲に実施すると体に変調をきたすことがあるので、最初に決めた期間を守って、安全に実行することが大事です。

6.ファスティング中に頭痛やめまいがしたのに中止しなかった。

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティング中に、私は、眠気がすごかったです。

仕事中に、居眠りをしていました。

他にも、体がだるい、下痢。

このような症状があまり続くようなら、ファスティングを中止するほうがいいです。

好転反応と呼ばれて、毒素が出て行っている証拠だと言われています。

しかし、医学的には証明されていません。

体に、食べ物が入ってこないことで、生命を維持しようと敏感になっています。

ファスティングは、いつでもできるので、今回は、ここまでにしよう、次にがんばればいいや。と、断念することも重要です。

7.激しい運動をしてしまった。

激しい運動は、ファスティング中は控えた方がいいです。

8.カフェインを飲んでしまった。

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティングの目的の一つに、胃や腸の消化器官を休ませることがあります。

せっかく、胃腸が休んでいるのに、カフェインのような刺激物が入ってきたら胃腸がびっくりしてしまいます。

9.お腹がすいたので、アメやガムを噛んでしまった。

空腹時に糖分を摂取すると、急激に血糖値が上がります。

その時、体は、糖分を中性脂肪に変えてしまうのです。

そして、糖尿病のリスクが高くなるとも言われています。

10.アルコールや、薬を摂取した。

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティング中の体は、いつもの体ではないので、どのような副作用がでるか予測ができません。

11.回復期間を作らなかった。

ファスティングが終了して、最初の食事から、ドカ食いしてしまっては、体がびっくりします。

最初の食事は、消化のよい、野菜スープやお味噌汁がおすすめ。

12.ファスティング終了後すぐの食事で、炭水化物を摂ってしまった。

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティング終了後すぐの食事と言えば、重湯やおかゆ。

もしも、糖分を摂らないファスティングを実施していたのなら、理にかなっています。

重湯やおかゆで糖分を少しずつ摂取して、体を慣らして行くやりかたです。

でも、酵素ドリンクを飲んでいたのなら、回復食は、野菜やくだものにしたほうが賢明です。

13.ファスティング終了後、ずっとおかゆを食べた。

ファスティング後に、ずっと炭水化物を摂り続けると、リバウンドします。

体は、やっと入ってきた栄養分を取り込もうとします。

この時期に糖分を摂らない方法としては、野菜スープやみそ汁、くだもので体を慣らして行くとよいです。

まとめ

ファスティングで失敗する人 | 13の悪い例

ファスティングは、自己流で実施してしまうと、体を壊してしまいます。

ファスティングで怖いことは、食べてはいけないと思い詰めてしまうことです。

拒食症になるかもしれません。

健康のために、ファスティングをしていることをしっかりと認識しましょう。

ただ、ダイエットのために、食べないとか、こんなにがんばっているのに、体重が減らないとか思わない方が良いです。

体重のことは、気にしないで、気楽に実施することが心の健康を保つためにも大事です。

たった2日だけだから安心♪

ファスティングに最適なのは、お嬢様酵素です。

ファスティング前日の体重(準備期間2日)

置き換えダイエット1日目

置き換えダイエット2日目(最終日)

RELATED POST