おすすめ商品

正しいワキガケア今すぐ[ラポマイン]で改善しましょう

多くの人がやってきた、間違ったワキガケアと誤解を紹介します。


①香水など他のニオイでごまかす


・・・かなり古くから使われている方法ですが、日本人はあまり香水をつける習慣がないために余計に人目を引きます。


何のニオイだろうかと嗅がれるので、さらにワキガに気づかれやすくなるという心理的ダメージがあります。

また、香水の匂いと体臭が混ざって悪臭となって衣類に染み込んでしまう場合も。

②ワキを清潔にしようとし過ぎて肌にダメージを与える。


・・・毎日、カミソリで剃る、毛抜きを使う、ボディーシートで日に何度も拭く、日に何度もスプレーをするなど。

逆にダメージから肌を守ろうとして皮脂を分泌させていることも多くあり、皮脂が増えたことで雑菌も繁殖し余計に臭うという悪循環も。

③石鹸でゴシゴシ洗う


・・・②と同様ですが、自分の肌力に対して殺菌力の強過ぎる石鹸でゴシゴシ洗うことで、肌ダメージにつながっている場合も。

ゴシゴシしすぎて、段々と脇の肌が角質化していることも多いです。

巷にまんえんする誤解


①ワキガのニオイのついた服を着ると感染する(ニオイがうつる)
・・・当然そんなことはありません。


たばこのニオイがつく、焼き肉のニオイがつくなどと同様に一時的にニオイがつくことはあるかもしれませんが、汗腺が活発化しない限りはニオイは発生しません。

②親がワキガだとかならず臭う
・・・とは限りません。

もちろん体質的な遺伝は50〜80%の確立で起こると言われてますが、親自身が自分はワキガだと認識しているのであれば、幼少期から食生活や生活習慣を整えることでニオイを抑えることは可能だとも言われています。

③体毛が濃い人は必ずワキガ
・・・とは限りません。

アポクリン汗腺は毛の生えているところに存在するため、そう思われがちですが、アポクリン汗腺が活発に活動していなければワキガではなく、ただ体臭が強い場合もあります。


体臭とワキガは混同されがちです。

ワキガ発症や、ニオイを強めるリスク行動

やってはいけませんっ!

①肉類や乳製品、脂肪分の高い食事を頻繁にとる
②いわゆるジャンクフードが好きで野菜類はあまり摂らない
③生活が不規則で、よる遅くに食事を摂ることも多い。
④湯船にはつからず、シャワーだけで済ませることが多い
⑤冷房(冬場は暖房)の効いた部屋で過ごす時間が長い

万が一、効果が無かったときは、どうすればいいの?

ワキガが気になる方の[ラポマイン]解約方法は?

実際3か月以上ためした体験談です。

ワキガ制汗クリーム[ラポマイン]体験談

ワキガって何歳からなんでしょうか?

ワキガは、何歳から?[ラポマイン]根本的な対処法は?

RELATED POST